筋肉質な私ですがバレトンでさらに筋肉がアップされているような気がします

うちの娘は体重が40キロちょっとです。
身長は私より高いのに、誰に似たのかほっそりとしています。
そして、この間新しい体重計を買って発覚したのですが、私の体全体の筋肉がすごいことになっています。
筋肉だけで43キロあるのです。
「娘の全体重よりも筋肉が重い私って一体・・。」とびっくりしてしまいました。
確かに私は運動を日課にしていて、ダンベルもするし、水泳にも通っていますし、毎日なにかしら運動しています。
でもまさかこんなに筋肉質だったとは想像していませんでした。
脂肪もついているので、筋肉もりもりに見えないからわからなかったのです。
これで脂肪を落としても自分は43キロ以下にはならないんだなあとわかりました。
ならなくてもいいですけどね。
そして、最近、筋肉質の私がお気に入りの運動はバレトンです。
私がやっているバレトンは3つのパートに別れています。
最初は有酸素運動をして、次はバレエの動きを真似します。
そして、最後に動く系のヨガをします。
何と言っても、バレエの動きがものすごくインナーマッスルを育てていると実感しています。キャッシング 金利

筋肉質な私ですがバレトンでさらに筋肉がアップされているような気がします

老健から帰るバスで、不吉な予感がしました

今日は、先程述べた通り母の入所する老健に行って来ました。担当者会議は予定通りに行われたのですが、次回は3月上旬になる予定とのことでした。内容としては、各担当者の方から説明があり、私が意見を述べるといった形式で行われましたが、現在のところ、母については食事やリハビリについては、入所当初の様な拒否反応は無く、比較的スムーズに進んでいるとのことでした。ただ、母については、次の受け入れ先も問題に挙がり、私は正直困っています。もし、特養老人ホームに入所した場合、終身での入所となりますので、慎重に選ばなければならないことと、今後の母の身体機能について、何処まで維持できるかが不安があることと、妹がおかしなことをメールするなどしてきて、私を困らせるのではないかということを懸念しています。私は、こういったことについて、深刻に捉えていますが、それも今後の母のリハビリの状況なども勘案していくことになるでしょうし、今後、どういった特養老人ホームを考慮すべきかについても考えなければならないという状況です。その後、担当者会議が終わり、帰宅する時に、老健の前のバス停からバスに乗って帰宅しましたが、いつもと違う型のバスで、乗降口が前だけの車でした。このバスは、以前、父が亡くなった日に、父の最後の面会に行った時のバスと同じ型のバスで、かなり旧式のものでした。更に、バスカードのカードリーダーも故障しており、運賃は現金収受のみでした。私は、父の死後、この型のバスを非常に忌み嫌っており、この型のバスを見ると、今後に何か良くないことが起こるのではないかと不安になっています。よりによって、母の今後について、この様な型のバスに乗車することになったのですから、いい気持にはなれず、重苦しい気持ちで帰宅しました。今は、これが杞憂でないことを切に願うのみです。

老健から帰るバスで、不吉な予感がしました