2017年10月6日のサッカーニュージーランド戦の感想について

2017年10月6日のサッカーのニュージーランド戦の感想について書きたいと思います。雨の影響もあったかもしれませんが、連動性が悪かったと思います。新しい選手を試しているのもあるかもしれませんが、攻撃のバランスが悪かったです。杉本建勇選手は、日本代表初チャレンジですが、1戦見ただけではどのような選手かわかりません。日本代表としての出場実績がないなら、クラブでの実績で判断するしかありません。長友選手は鼻血を出しながらも、シュートを打っていったのはたくましかったと思います。攻撃の流れが単調でつまらないゲームでした。日本のパスコースは常に封じ込められていました。ニュージーランドのゴール前には7〜8人いたので、守備が固かったと思います。日本代表は無駄なドリブル突破が多かったように思えます。もっとパスで敵陣を崩すべきでした。香川選手はシュートにチャレンジしたのは価値があったと思いますが、もっと中盤の仕事をした方がよかったのではないかと思いました。おすすめ キャッシング 急ぎ

2017年10月6日のサッカーニュージーランド戦の感想について