自己流でパソコンを使うようになったらHPを作れるようになっていた

パソコンが得意だ。
でもそれを仕事にできるほどではない。
誰かに習ったわけでもなく、自己流だから。
どうしてこれほど得意になったのだろう。
学生時代にタイピングを学んだのでそれはできて当然なのはわかっていた。
元々機械に強かったのかというとそうでもない。
ただ、何かが出来上がる仕組みというのは好きだ。
就職をして、初めてワープロを使った。
ワープロは文字を打つためだけの物なのでさほどわからないと感じたことはなかった。
その後に使うことになったのが、Windows94だったような気がする。
パソコンの電源を入れることはできるが、ロータス1-2-3の使い方がさっぱりわからない。
しかし、わからないから知りたくなる。
知りたいから色々触ってみる。
そうしているうちに世の中は進化し、パソコンはとても使いやすくなった。
ロータスはExcelに。一太郎はワードに。
そして、ワードも自己流、Excelも自己流で使い始めた。
人に言われて知ったが、自己流なのに、検定を取れるほどの実力になっていたらしい。
興味が高じ、ブログでHTMLをいじり始める。
今でも何の英数字が並んでいるのかさっぱりわからない。
わからないが、いじってみると何かしらの変化がある。
ひとつひとつ確認をしながらデータを作っていく。
面白いと感じるようになった。
気づくとHPを作れるようになってしまった。
さて、ここからどんな方向に進んでいこうか。
こんなに得意とするのなら専門の学校に行っておけば良かったとひどく後悔が残る。web完結 キャッシング

自己流でパソコンを使うようになったらHPを作れるようになっていた